ストロベリー ピンク!?

  • 2015.04.20 Monday
  • 14:40
当店 春フェアでもプッシュしていた 桃簾石桜糸魚川で桃簾石と呼ばれるものの大半は、緑混じりのものや ピンク色部分が弱かったり くすんだ色味が入っていたりと、正直 あまり綺麗な石ではありません。稀に 白地にピンクが入るような綺麗な色味の個体もありますが、結構な高値で取引されます(そこそこのレベルの翡翠と張りあうほどです撃沈

つい最近 地元のヒスイ商や石に関係する人達の間で ちょっと話題になるような ものすんごい桃簾石が出たそうで、私も小耳に挟み 気になっておりました。ヒスイならともかく、桃簾石が話題になるなんて 珍しい聞き耳を立てる

結構な大きさだったそうで、既に良い部位が取り出され コレクターの方々の手に渡ったそう。私が聞いた話では、「100年に1度の桃簾石」とも囁かれているという…。なんだか 話だけでも既に凄いので、実物どんだけごっついねん!?と気になってはいたのですが、まぁ高嶺(まことの高値)の華や〜と 一目見れたらラッキーくらいに考えておりました。


…ところがどっこい!!
お先に〜と言わんばかりに 石職人コバさんが清水の大舞台から
豪快に飛び降りていました(笑)既に工房に 一部ブロックがあるそう。


なんやってぇぇえぇ〜〜〜〜びっくり

ということで、実物とご対面したのは なんと薬石庵の工房でした(笑)
コバさんのアメブロで 雄大な美しさをご堪能くださいパクッ…それにしても ここまで発色の良い ドピンクの石となると オーラのような凄みがあり、実際に大きいのですが さらに大きく見えます。眺めもよく、お花見ができるほど 見事な桜が咲いておりました桜

…にもかかわらず 加工用にちょっぴり切っちゃったそうな…流石 根っからの職人。私なら 絶対にこのまま飾って 酒の肴にします(笑)


特に色味の強い部分が ふっくらした勾玉に。贅沢すぎる唖然
単体で置いてしまうとわかり辛いのですが、圧倒的な色味です。



下の原石は、かなり色味が良い 桃簾石個体(白地にピンク)。
比べても こんなに歴然たる色味の差が…唖然
下の原石をベビーピンクとすると、この勾玉はストロベリーピンクさくらんぼ←さくらんぼで代用

肉眼で見ると もっと濃厚なのですが、画像からは伝えきれません…。
それにしても 綺麗やわぁ〜パクッ

名前もない石

  • 2015.02.27 Friday
  • 19:29
先日 久しぶりの晴れ間に 海岸に行ってきました。
どんよりとした日本海側の冬は 積雪していなくとも どうも寒々しくて慣れませんが、少しの晴れ間でも チャーンスひらめきとばかりに 海岸に直行できるのは 糸魚川に在住している強みですグッド



太陽でホクホクしている海岸に降りると、兎に角 楽しい気分になってきます。気になる石がドンドン目に飛び込んできて その度 拾いあげますパー1度でも自分の手で翡翠を拾ってしまうと、その快感が忘れられず 足繁く海岸に足を運んでしまう…石拾いは1度ハマると ず〜〜っと楽しめます。海岸=お宝の山 なので、逆に石のない砂浜は楽しめなくなりました(笑)


降りてすぐ目に飛び込んできた ちっこいネフライト。
時間を忘れて 海岸を右往左往………。ひとしきり 味わいましたパクッ


戦利品の中で、特にググッときたのがこちら。
ヒン岩とはんれい岩のあいのこのような石ですが、パイライトが全面に入ったおもしろ石!!こういう石は 海岸でも際立っていて存在感があり、力強さも段違いです。


結構 大きい黄鉄鉱が入っていますパクッ
名前もない変成岩ですが、こういう石は真のレア石だと思います。糸魚川の海岸で石拾いをされる方は ヒスイがお目当ての方が多いと思いますが、石の種類が豊富なので 翡翠が拾えなくても十分楽しめます。思わぬ お宝に出会えるかもしれませんグー

糸魚川産 ラベンダー翡翠 シルバーペンダント

  • 2014.12.19 Friday
  • 20:42
最近 ラベンダー翡翠作品がどうも不足していましたので、ラベンダーファンのご期待にお応えすべく、クリスマスフェア用にラベンダー翡翠のシルバーペンダントをお願いしておりました!本日、オンラインショップに出品致しましたので、毎度おなじみ 職人密着取材(笑)原石⇒製品になるまでの過程をご覧いただければと思いますグー


まずは原石選びです。今回は兎に角 濃厚ラベンダー色!というところに重点をおき、薬石庵工房の加工前のラベンダー翡翠原石を全部ひっくり返す勢いで、原石を物色物色…。時間をかけ 選別し、選ばれたのがこちらの原石ですパー一見 よくある全体ラベンダーに見えますが…


LEDライトをあてると、命が吹き込まれたような 輝き!奥に潜んでいるラベンダー色パクッこの原石をシルバー枠にセットするルースに加工して頂きます!


加工開始〜。良い部分を取り出したような原石ですので、ここからさらに加工過程で目減りしていくのが 非常に勿体ないのですが、GO!GO!


成形が進みます。こうして撮影できるのも、加工場がお隣にあるからこそです、ありがたや、ありがたや…。加工前の原石状態から 常に目の届く範囲で 製品までもっていけるというのは、含浸等のリスクを完全にカットできるということですので、実は糸魚川の翡翠を販売するうえで 私が1番重きを置いている部分だったりします。お客様に安心をお届けできる 今の環境に、感謝せずにはいられません。


ルース完成拍手若干ぼけてるのは、職人さんのお邪魔に出来る限りならないように 急いで撮影している所為です(笑)


石枠に置き、たまらずLED照射ひらめきたまら〜んパクッ


ルースをセットして頂き、完成〜拍手石枠部分とバチカン部分のロウ付け&研磨も全て 石職人さんが行っております。シルバー部分に関しては、本業の彫金職人さんには及ばないものですが、石のグレード・加工については1級品ですグーグー


ぼうっと浮かび上がる 深いラベンダー色がとってもミステリアスですパクッ


シルバー部分のお代は頂戴できない!と職人さんに念押しされておりますので、ほぼ石代のみで出品させて頂いておりますが、圧巻の一品です…。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM