命が宿る

  • 2014.09.02 Tuesday
  • 15:57
勾玉の形に疑問を感じ悩み続けている、ちょっと変わった石職人 コバさん。
姫川薬石庵の工房に度々お邪魔させて頂いておりますが、少し前から 出雲型のような「勾玉」というキーワードで頭に浮かぶ一般的な形の勾玉を製作しているのを見かけなくなりました。

現在、コバさんの製作している作品は勾玉の新しいあり方のようで 鏡面のように磨き上げられた 精巧な形の勾玉にはない、生命感に満ち溢れている作品ばかりです。徐々に増えていった作品をまとめてご紹介させて頂きます。



2つとして同じものがない、私たちと同じ 生き物のような生命感があります。
姫石〜きせき〜店舗にて展示販売中ですが、既にお問い合わせ頂いているものも御座います。



黒翡翠の勾玉、3つ。横から見ると、良く分かるのですが 1つづつが全く違った造形です。生き物のように生き生きしていて…最初からその形になるべくしてなったような不思議な勾玉達。


緑が染み込んだような部分と穴の部分が陰陽を思わせる勾玉。


深い緑が力強い生き物を連想させる 独創的な勾玉。


これぞ「曲がった玉」。どこから見ても曲がって見え、空間で勾玉を表現したものだそうです。


身をよじるように曲がっている様が非常に美しいです。


こちらは、透明度の高い緑色の翡翠の勾玉。女性を感じる曲線です。


なんて、色っぽいんだろう…と見惚れてしまいます。


「型にとらわれず」とコバさんは私に良くおっしゃるのですが、石の声を聞き 自然のままに形になった 糸魚川産翡翠は今までの勾玉とはまるで違う、自然をそのまま切り取ったかのような大きなものを感じさせてくれます。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM