禁断の 入コン沢 丸玉

  • 2015.05.14 Thursday
  • 21:31
当ブログでも何度か触れておりますが、糸魚川の青翡翠には 色味・質が特徴的なものがいくつかあります。特徴のある翡翠は 地元では原産スポットの名前で呼ばれたりするのですが、見た目にも その違いは明らかですので 青翡翠ファンの方々は お好みのタイプがおありかと思います。

どのタイプであっても 色味の良い青翡翠の丸玉は 見かけることが極端に少ないのですが、コン沢に至っては こちらに越してきてから なんと1度しか見たことがありません!(地元糸魚川で翡翠に携わる方なら 知らない人はいない 著名な方のコレクションの中にあったのですが、それはそれは素晴らしいものでした…)日々翡翠にまつわる 色々な所を訪れておりますが、その1回きりです。。

丸玉加工は まず原石をサイコロ状にカットし、そこから最終的な玉径まで形成研磨していく作業ですので、元の原石状態からの翡翠の目減りが激しい加工です。研磨の際にでる 翡翠汁(翡翠の粉が水に混ざっている状態を 私はそう呼んでいますニョロ)は以外にも白っぽく それを目撃するたびに 心がぎゅうっと締め付けられる思いです…もったいない…もったいない…困惑

ということもあり、貴重な翡翠ほど 丸玉加工は嫌厭されている感が否めないのですが、それはひとまず横に置いておいて 純粋に コン沢の丸玉あったらいいな…という欲に負けた私は、実はコバさんに相談しておりました。


ほんのちょっぴりですが、預けていたコン沢原石で試験的な加工中。形成がほとんど終わり、これから本格的な研磨に入るところです。


最終研磨前、はやる気持ちを抑え 第一号の完成を見守ります…。


12mm玉 完成!!!色味は良い感じですが、石目や不純物もそこそこ。ある程度 大きな原石の良い部分を厳選しないと、一連のブレスレットにした時に 統一感がでないかもなぁ〜…と 出来上がった コン沢の丸玉を 暫しまじまじと見つめておりました。もっと大きくて質の良い原石で 実現したいところです…キぃーーー モゴモゴ小さい原石でしたので、今回はほんの数粒のみしかとれませんでしたが、いずれは…と考えてしまうような 雰囲気のある玉でした。


やっぱり 青翡翠の王様やな〜パクッ
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM