研磨 レッスン

  • 2015.03.08 Sunday
  • 15:12
ここ数日 ポカポカ陽気が続いている糸魚川。
昨日も海岸歩きを楽しんできましたチョキ


おもしろそうな きつね石をGETしてきましたグー緑色で目立つので、翡翠と間違われることが多い石で 翡翠の陰に隠れていますが、ライムグリーンのような緑がとっても綺麗なので 私は好きです。鉱物的には ニッケルを含有した珪質変成岩…ということですが そんなこと言われても わかりにくいだけや〜プシュー難しいことは置いておいて、特徴的な緑の鮮やかさなので見ればわかります。このままでは その鮮やかさが伝わりませんが…


水に濡らすと美しく輝きだします。研磨すると綺麗やろなぁ〜(水に濡れた状態は研磨の出来上がりの雰囲気と似ています。)波打ちぎわの きつね石は本当に綺麗です…パクッ


自分で拾った石を思う存分味わうには やっぱり手を加えたい…。自然のままの形・風合いで十分美しいけれど…折角自分のところに来たのだから もっと…もっとや〜…! エゴですニョロ幸いな事に お隣が石職人の工房なので、研磨レッスンしてもらえないかな〜と相談すると なんとOKが!プロに手とり足とり教えてもらえる この特異な環境に感謝 感謝…。こと、石に関しては 恵まれています…。


研磨レッスン前は爪チェックから。石仕事をしていると、爪は怖くて伸ばせません…(べろんとなることを思うと ゾーーーっとします)表面が凹凸しているので、平らにするところからスタート。


アールをつけて 全面を鏡面研磨するだのは 素人の私には到〜底〜無理な 職人芸ですので、ほんの一部だけ丁寧に磨き 緑が顔を出すように 面にしていきます。素人の動き&力の入れ具合のもどかしさに、ちがうっ、、、ちーがうっ!!っと 職人の指導が入ります(笑)根っからの職人気質のコバさんから見ると、もどかしくってムズムズしてしまうのでしょうが、ドンくさい私は まったりとしか作業できませんパクッ


ダイアモンドラップという板の上で 荒研磨後。大分 平らになってきました見る


150、300、500、800、1000、1500、3000…と数工程にわけ研磨を重ねていきます。研磨が進むにつれて コバ先生に研磨面をチェックして頂き、ダメ出しされまくりましたが 続けます!最初から うまくいくわけないゼイケテル


仕上げまで終了〜綺麗に洗います。
布でしっかり 水気をふき取ると……。


濡れたように見える 鮮やかな部分が研磨面です。(乾燥した状態です)ライムグリーンと 錆びの部分(赤い部分です)のコントラストが なんとも味わい深いです。。自分で楽しむ分なので 一見汚いような部分も むしろ大歓迎です。


窓際でみると、研磨面が角度によってキラリ。素人にしては 艶でたんじゃないかな…と。。(おそる おそる)機会をみて、研磨修行を続けたいと思います。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM